ホーム > 思い出 > チャートをチェックする

チャートをチェックする

やっと開始する時という場面では一番に事前対策を横着してはいけません。

取引を行う前、その物を冷静に見つめる事ができる余裕があります。

 

ところが、一度取引の内部へ飛び込んでしまうとどう試みても受け取り方が独りよがりになり、時々しっかりとした判断を下せなくなる不安があります。

 

そのために己の考えが論理的なうちに間違いない準備する事が必要です。

 

その"準備"とは、はじめは己のストーリー展開を考える事からスタートする。

 

今後の投資状況は上がる(または下がる)から、円を売る(あるいは買う)というふうに、シナリオを立てていくのだ。

 

次に大切なのはチャートをチェックしましょう。

 

それ以前のマーケットの上がり下がり見て、現在の位置を確認します。

 

そうしたら、「今現在は行き過ぎたレベルだ」とか、「すでに多数の方々が買い(あるいは売り)に動いているからこの後自分か売り(または買い)してももはややりようがない」などと判断できます。

 

言うまでも無くもはやしかけるのが遅すぎるなと感じたら、手を出さないで、そこのところは潔く吹っ切ることが不可欠です。

 

どう工夫しても自分なりのストーリー展開を押し通して割り切らずにトレードすると、為替相場に跳ね返されてしまい逆に損失を被ることになる危険があります。

 

ただし多くの場面で、準備が整った物語を考えているとすれば買い(または売り)が遅いという具合にはならないと思います。

 

本格的に相場が変化する前の状況のはずだからです。

 

その次にまずは取引しようと検討しているポジションの動きを点検する事が肝心。

 

仮定としてドル高になるはずだという物語を作成したのであれば該当する通貨の動きに気をつけておきます。

 

市場の上下動を確認し始めた状況ではまだまだ該当の通貨は誰の眼にも明らかに動く様子を見せることはなく、上や下に多少の変化をしているだけでしょう。

 

しかし、その推移をちゃんと注目していると、あるところでじりじりとドル高の方向へと相場が変動し始めます。

 

そこで初めてドルの注文をします。

 

通常は、ここまで十分に準偏さえしておけばその取引で勝利する率はかなり高まるはずだ。